解説和倉温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

和倉温泉は、開湯1200年とされる歴史ある古い温泉で、大同年間(806~ 809)山の麓に湧いていたといわれている。

その後地震が起きて源泉が閉ざされてしまい、行き場のなくなった湯が、七尾湾内に噴き出し、珍しい海中の温泉となった。

それから時代を経た永承年間(1046~1052)、和倉に暮らしていた漁師夫婦が、湯気立つ海で白鷺が身を癒しているのを見て、"湯の湧き出づる浦"涌浦(わくら)が発見された。これが和倉の地名の由来と言われている。 

慶長16年(1611)、加賀藩二代藩主 前田利長が腫物で困った折、涌浦の湯を取り寄せ治療したことから、和倉の湯の評判が高まった。

潮が退いている時でないと湯を利用することができなかったが、湯治の湯として利用しやすいように、寛永18年(1641)加賀藩 三代藩主 前田利常は、湯口の整備と周囲を埋め立て、湯島とする工事を命じた。湯島には、石囲いの湯壷が造られ、湯を貯める湯桶が並び、茅葺きのあばら屋を建てたとされている。

これ以降、涌浦には多くの湯治客が訪れるようになり、"涌浦涌浦と家なら七つ、島に湯が出にゃ誰行こや"と半農半漁の7軒の家しかないのに繁盛する涌浦を唄った里歌が流行った。

以降、加賀藩の統制を受けつつ、延宝2年(1674)、涌浦は書き文字を間違えやすい事から、加賀藩の命により今日の"和倉"と名を改めている。

幕末には、評判が評判を呼び、遠く京都の公家や大阪の豪商、絵師や俳人なども訪れ、 湯治客が増えるに従い和倉の名はさらに轟くようになった。

温泉地として本格的に開発されたのは明治時代になってからであり、明治4年の廃藩置県の際、村人などの尽力により和倉村の湯権は官地ではなく、村の共有地として認められた。

明治13年(1880)には、湯島までの埋め立てが進み、ついに陸続きとなった。またその年には、ドイツで開催された万国鉱泉博覧会で和倉の温泉が三等賞を受賞。世に名声を博した。

戦後以後は、交通アクセスの向上に伴い温泉街も大規模化した。高度経済成長期になって能登半島方面に観光ブームが沸き起こり、宿泊客が増加した。

一時は歓楽要素を持っていたが今日その傾向は薄く、各旅館とも高級指向を全面に打ち出している。今日では山代温泉と並び、県内温泉地における宿泊客トップを競う形となっている。

平成19年(2007)3月に発生した能登半島地震では、大半の旅館が被災しほとんどの旅館が営業停止なったが、大部分の旅館は4月1日までに営業を再開している。

TOPPAGE  TOP